顧客がウェブサイトに望むことをデザインし、サイトに反映する、Webデザイナーについての情報

FrontPage

ウェブデザイナーとは

顧客が「ウェブ サイトをこのようにして、アピールしたい」と望むことを実現し、そのイメージをウェブ画像に反映していく仕事のがウェブ デザイナーです。

ウェブ デザイナーのクライアント

  • クライアントは大会社から個人までさまざまである。ウェブ デザイナーといっても、業務はデザインだけでなく、企画立案はもちろん、顧客の望み考慮し、かつ専門的知識を織り交ぜならが製作してクライアントの利益アップに貢献するのがプロ ウェブデザイナーでしょう。
  • 製品の顧客に対するプレゼンテーション、動作確認、運用など幅広く受け持つ。
  • デザインセンスのみならず、ウェブ サイト構築に必要な専門知識と見る人にアピールする技術や知識を多く求められているのは当然です。
mouse

ウェブデザイナーの職場は

  • おもなウェブデザイナーの職場としては、ウェブデザイン制作会社やウェブサービス会社などに社員として働くことが多いが、会社で十分な経験を積んでから、専門知識、技術やノウハウ、人脈をも得られれば、フリーランスのウェブデザイナーとして活躍することも十分可能となる。
  • 自分自身の技術力を証明するための一つの基準になると思うが「ウェブクリエイター能力認定試験」や「CGクリエイター検定(ウェブデザイナー部門)」の資格を取得しておくと、顧客にもアピールでき、作品以外にウェブデザイナーとして自身の技術力を証明する一つのツールと成ることは間違いない。

仕事

  • 顧客からデザインコーディングだけを受けることもあれば、顧客の中にはサーバー管理などの専門業務を委託で受けたり、そのメンテナンスまでを引き受けている場合もある。これも関連の仕事である。
  • 仕事内容は顧客もさまざまで、業務も異なってくる。やはり、ウェブデザイナーのイメージどうり、デザイン中はパソコンの前に座って、にらめっことなる、連続作業することになるので、時間の都合がつく限り、なるべく人と会う機会を多く持つようにしているようだ。
  • ウェブデザイナーの多くは業務打ち合わせ、顧客との面談などには積極的に出かけて行っていると言う。

給料

  • 報酬は常に決まったものではない。顧客によってさまざまなようです。作成するウェブ内容,顧客の予算もある。また、製作の時間も影響する、- ページ数や仕事内容を考慮して、事前に見積書を提出し、内容を説明し、報酬額が決められる。
  • おおよそ、新しいのページデザイン・コーディングをすると3万円前後、フラッシュを入れると2〜3万円、さらにGIFアニメーションで作成する、バナー付きだと5000円ぐらい多くなるのが相場だと言われる。
  • 年間を通じてで委託管理しているウェブサイトは、月額の管理経費と更新は、発生のつど、数千円の更新作業料となる。

将来性

  • ショッピングサイトなどの制作に必要なCGI、ホームページに動きのある高度なデザインを組み込め、フラッシュなどの作業でウェブをまとめられるようにマスターしておけば、高度な技術を持つウェブデザイナーとして仕事の幅も広がり、ウェブ制作単価の高い仕事を受けることができるようになる。
  • 提案した企画がヒットすれば、業界内での知名度も上がることになる、企画力を磨いて、新しいアイデアでウェブ サービスや人気コンテンツを顧客にアピールし、売り込んでいくと高収入が期待できる。今後は人気の職業となるに違いない。

ウェブデザイン関連商品の通販

★★★ウェブデザイン用のCD-ROMソフト多数!★★★

powered by Quick Homepage Maker 4.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional